Sample Club

トイレは綺麗だと

自分の家のトイレは綺麗に保ちたいものです。普段、毎日頻繁に使うものなので、なるべくこまめに掃除しようと思えます。 最近では、いろいろな種類のものがあります。新築の家では、ほぼ100%に近いくらい、洋式になっています。また、和式だったものを洋式にリフォームする家も増えました。洋式の良さは、長い時間個室に滞在していても、疲れたりしないことでしょう。ゆっくりとくつろげる自分の空間になります。 それでは、外ではどうでしょう。日本の公共施設などにあるトイレは、外国人が驚くほどきれいだといわれています。公共施設である空港に到着したときに、その斬新な機能に驚いたりします。例えば、便座が温かだったり、ウォシュレットがついていたり、音姫のような音が鳴ったりする装置がついていたり、手元近くの押しボタン式で大や小などの水を流すことができたりします。そういった高機能に加えて、さらにきれいに清掃がしてあったりするので、気持ちよく使えます。定期的に清掃に来る係りがいて、清潔に保つことができるのは、利用者にとっては嬉しいことです。トイレの利用が有料の国の人からすると、清潔感があり、最新の機能のあるところを無料で使えるのは本当に驚きなのです。 日本の公共施設でも本当に最近ではきれいになっています。しかし、商業施設ではさらに上を行く設備になります。デパートやショッピングセンターなどでは、各階に設置されていますが、女性用では小さい子供用のおむつを替える台があったり、子どもが困らないように座る椅子が用意されていたり、男の子用のトイレも同室であったりします。さらに感心するのが、本当にきれいなドレッサーなどの化粧室が別であったりすることです。また、フィッティングルームのような着替え室もある場合もあります。 高級デパートのような商業施設では、個室内に入ると自動的に洋式のふたが開いたりするものもあったりします。 いろいろな公共施設などのお手洗いを見ると、そういった部分にも手を抜かない、日本人の心意気を感じることができます。

↑ PAGE TOP