Sample Club

昔の公共施設のトイレではない

公共施設や商業施設のトイレは不潔だというイメージを持っていませんか。 暗くて落書きなどをしていて虫もたくさんいるというのは昔のイメージです。 今ではかなり清潔で素敵なところが増えてきているのです。 まず商業施設のトイレですが、お客さんに喜んで使ってもらえるようにと色々な工夫をしています。 ウォシュレットなどはもう当たり前でビニールのカバーが回る便座などがあるのです。このビニールは使い捨て形式になっていますのでいつでも清潔な便座に座ることができます。女性の場合でしたら用を足しているときの音を聞かれるのが気になる方が多いですので音を消すための装置なども付いています。これ赤外線により反応するものがほとんどですので実際には触ることなくただ手をかざすだけで音が流れます。 水も同様に手をかざすだけで流れるのが多いのです。 便器によってはただ便座から立ち上がるだけで流れるものもあります。これで誰もが触るレバーを触る必要がなく清潔に使えます。 他にもメイクをする女性のためにメイクルームも一緒に備えているところもあるのです。 これは洗面所が設置されていないのですが、大きな鏡があり、椅子も付いていますのでゆっくりと化粧ができます。 商業施設の場合はトイレの内装をおしゃれにしているところもあり、まるで宮殿のような雰囲気にしているところも少なくありません。 公共施設のトイレの場合でも待ち時間を軽減するために便器の数を増やしているところもあります。 また待っている方のためのベンチなどのスペースもあるのです。ここでは男女関係なく過ごすことができます。 他にも公共施設の場合最近よく導入されているのがエアーです。 これはタオルと同じ役割のものなのですが、手をその中に入れますと風と熱風によって手を乾かしてくれるのです。 洗面スペースに一緒に併設されている場合もあります。 このような公共施設の便器が増えたことにより我慢せずに用を足せるようになっています。

↑ PAGE TOP